1. HOME
  2. 不妊~閉経の改善例
  3. 人工~体外~自然妊娠~出産

不妊~閉経の改善例一覧

人工~体外~自然妊娠~出産

焼津市 M・N子様より手記

私は4年間、不妊で悩み続けましたが、今回、妊娠することができました。
これまでの私の体験をお話したいと思います。

結婚をして1年がたった頃、生理の不調があったため産婦人科で診察を受けたところ、「排卵が起こりにくい」という結果が出て、それから排卵誘発剤を使用した治療が始まりました。
お医者さんの指示を守って妊娠する事を楽しみに続けましたが、思うほど簡単には結果が出ないまま半年ごとに薬の量が増えていくばかりで不安や焦りは募るばかりでした。
治療を始めてから1年が過ぎた頃でした。産婦人科の先生から現状の治療法では限界にきていると言われました。
「人工授精をしなくてはいけないか」とたずねると「あなたの場合は人工授精では良い結果が出ないので体外受精が良い」と言われ、東京の有名な病院を紹介されました。
東京の病院での治療は体外受精のための卵を定期的にホルモン剤で排卵させて取るのですが、麻酔なしで行うため毎回が痛みとの戦いとなりました。
やっとの思いで痛みをこらえて終えてみると卵が取れないこともあって、そのような時はとても辛くて悲しくて何度も泣いて、次こそはと自分に言い聞かせて頑張りました。
結局、体外受精のための採卵は6回行って3回成功しましたが、妊娠することができないまま4年が過ぎてしまいました。
身も心も疲れてしまい、気持ちを落ち着けるために思い切って治療を休むことにしました。

病院での治療を中断してから3ヶ月後に主人の転勤があり、静岡から焼津へ引越す事になり、たまたま、その転勤先の同僚の人から焼津の遠赤療導院を教えてもらいました。
早速、遠赤療導院へ行って受診し身体の状態を調べてもらうと「肝臓の働きに乱れがあり、軽い黄疸も認められるほどの慢性疲労の状態。その為、排卵そのものが不安定になっていて、仮に受精しても着床や妊娠を維持できないだろう」という事でした。
確かにこの数年間の私はいくら寝ても疲れが取れず、自分でも嫌になるほど、だるくてしかたがないというのもピッタリ合っていました。また、肝臓の不調が妊娠しにくい原因となっているとはこの時まで知りませんでした。

私の遠赤療法&耳ツボ療法の新たな治療が始まりました。
治療結果はすぐに判りました。だるさが減り、夜もよく眠れてご飯もおいしくなってきたのです。
生理も順調になり、あまりの体調の良さについこのまま妊娠かと思っていると、しっかりと生理が来て、少しがっかりして落ち込むようなこともありました。
そんな時にも先生から「生理は次の妊娠の準備だから新たなチャンスがまた、与えられたと思って感謝しましょう」と知らされました。先生には治療のこと以外のことも私の話をたくさん聞いてもらい、治療院へ行くと私は心が落ち着きました。

療導院に通い始めてから7ヶ月が過ぎた頃、2週間に一度の耳のツボを入れ替えながら先生が「ツボがいい反応しているねぇ。いつ妊娠しても不思議じゃない状態だよね。今月の○○日頃が妊娠期になるから、その日はご主人を自然なかたちで上手に誘うんだよ」って言われました。
私がその気で準備して張り切っていると主人が風邪で熱を出して寝込んでしまって一晩中、それどころでなく残念に思った事がありました。
そんな事を先生に話すと「妊娠する身体になっているからね。後はご主人と神様とコウノトリさんのつごうしだいだよね。」と言ってくれて気持ちがまた楽になりました。
翌月また、耳ツボを入れ替えながら「今回は右の卵巣から○○日頃に排卵されるからリーチね。その日はファイト」と言われました。
そして、ウキウキしながら過ごした翌月にそのまま、薬を使うことなく、身体に無理をかけることもなく、自然に妊娠して子供が授かりました。療導院に通い始めて10ヶ月目でした。

私は今、妊娠5ヶ月になりました。本当に、本当に幸せです。
ただ、ただ、今は無事に出産を終えて、元気な赤ちゃんを抱ける日を毎日楽しみに待っています。
平成16年9月吉日

追記
2005年2月9日、とても元気な女児を無事にご出産されました。
おめでとうございます。
どうぞ、ご家族様との幸せな毎日を快適に過ごされますように。


PAGE TOP