1. HOME
  2. 不妊~閉経の改善例
  3. 10年ぶりの自発

不妊~閉経の改善例一覧

10年ぶりの自発

お問い合わせと返信
arisa(仮名)24
歳 2008/10/05 (日) 11:14

初めまして、arisaと申します。
改善を望んでいる症状があり、アドバイスいただければ幸いです。
その症状というのは、生理がないというものです。

自力で生理を起こし、2-3年後には結婚して子供がほしいと思っています。
私は、14歳で初潮を迎えました。
しかし3回自力での生理が来た後、止まってしまい、半年間生理がありませんでした。
その後一度生理のようなものがありましたが、また半年止まってしまい、病院に行き、注射や薬で3か月生理を起こしては一か月休み自力で生理が来るのを待つという治療を続けました。
この間ホルモン値を測ると、FSH・LHは高いがE2が20くらいだったと思います。

医師は卵巣が働いていないと言っていたと思います。
大学に入り、新潟から東京に出てきて行った病院では「卵巣が働いておらず、MRIでも卵巣が見えず、ホルモン状態が最悪なので、妊娠はできない」と言われました。
この時は頭が真っ白になり、おかしくなりそうでした。
病院を移ったところ、内診で卵巣があることがわかり、先生からは今のカウフマン療法を続け、子供がほしくなったらそれ用の治療をしましょうと言われ、それを信じて現在まで1年半ホルモン剤を飲んで生理を起こしています。

しかし最近もう一度、妊娠できるかどうかを大きな大学病院で聞いたところ、
「原始卵胞がないと思う。妊娠は無理。」ということでした。
私は、治療のスタートラインにも立てないのか。本当に辛いです。悲しいです。

今は一人暮らしなので家にいると悶々と考えてしまい本当におかしくなりそうです。
10月の終わりか、11月には一度焼津の治療院へご訪問させていただければと思っています。
簡単ですが、私のことで参考になりそうなことを書いてみます。
・病歴:5歳→髄膜炎
・身長160センチ、体重45キロ、胃下垂
・掌は一年中熱く汗をかいています。
・足は冬になるとかなり冷たくなります。
・小さい頃から寝汗がひどいときがありました。
・トイレを我慢する癖があり、一日のトイレの回数が少ないです。
そちらで、改善は可能ですか?
私の卵巣はもう駄目でしょうか?
卵はないのでしょうか?
本当に苦しいです。どうか返信をお願いいたします。
ご回答いただければ幸いです。

** 自発生理と妊娠に向けて **
2008/10/05 (日) 19:28
こんにちは、arisaさん。
私は遠赤療導院の米田正幸といいます。

東洋系医学を礎に少々の近代医学の知識から、いただいたお問合せに返信します。
推測される不調の原因と改善等について述べますが、診断を下すもの、あるいは唯一の改善方法を示すものでは有りません。
今後の改善に向けて、ひとつの参考としてください。
 ** 自発生理と妊娠に向けて **
私の結論を申します。

私は原始卵胞は存在していると判断しますので、メールのタイトルにありますように今後の自発生理の発生とそれに伴う妊娠は可能と考えています。
簡単にその理由を言いますと、「注射や薬で3か月生理を起こしては一か月休み自力で生理が来るのを待つという治療を続けました。この間ホルモン値を測ると、FSH・LHは高いがE2が20くらい」とあります。

最終的に「E2という卵巣から出ているホルモンが10以下」となり、卵巣がE2を分泌していない状態から「卵巣が働いていない」と判断され、働いていない原因は「原始卵胞がないため」とされたようです。
私は現状でE2値が示すように卵巣が働いていない状態は認めますが、arisaさんの卵巣に原始卵胞がないためではなくホルモン剤により卵巣が疲弊して休止しているためと考えています。
これはこれまでに、同様の方々の改善をお手伝いしてきた経験からの判断です。
卵巣に原始卵胞が存在する限り、自発生理の発生とそれに伴う妊娠が可能となります。
今後の改善と回復に向けては、初潮以降の無生理が起こった原因を明らかにすることに加えて、ホルモン療法でのダメージを回復させて如何に卵巣が働ける条件を整えることができるかが重要となります。

土日、祝日も開院していますので、どうぞ早くにご来院されることを願っています。
多くの改善回復が早くにありますように。

RE: ** 自発生理と妊娠に向けて **
2008/10/05 (日) 20:14
米田先生こんにちは。

早速ご返信いただきありがとうございます。
また、お忙しいところ希望のもてるご回答を早くにいただけたこと、本当にありがとうございます。
先生は原子卵胞があるとお考えになるとのこと、であれば、気持ちは決まりました。

治療を受けたいです。
仕事があり、まだ予定が立たないのですが、必ず伺います。
その際はどうぞよろしくお願いいたします。
今日一日、HPに掲載されている体験例を読み、すこし落着きを取り戻しました。

不妊14の体験例で「妊娠をするには、原子卵胞を有していると信じていなければいけない」と書いてありました。
理由は分かりませんが、とても印象深かったです。
私は信じてみようと思います。
だって自力での生理が3回しかきていないのだから、まだ原始卵胞はあるはずです!
予定が立ち次第、電話かメールでご連絡いたします。
繰り返しになりますが、ご訪問させていただく際はどうぞよろしくお願いいたします。
では、失礼いたします。

** 卵子の存在を信じることとは **
2008/10/06 (月) 14:07
こんにちは、arisaさん。

遠赤療導院の米田です。
ご連絡をありがとうございます。
症例集の体験例を読まれたことで、すこし落着かれたようで良かったです。

その中の不妊14の内容で、「妊娠を可能とするには卵巣に原始卵胞を有していることですので、まずは原始卵胞を有していると自身が信じていなければなりません。念のために言いますと、原始卵胞の存在を確認するために排卵促進剤を使用したり、卵巣を傷つけてサンプルを採取すること等は卵子を減らすばかりか、卵巣を傷つけ疲弊させるため避けるべきです。」とあります。
この部分の説明をもう少し加えますと、原始卵胞が存在しない場合は如何なる治療をもってしても排卵させることは出来ませんので、自身の卵子で妊娠することは不可能となります。

そのため、治療に当たっては原始卵胞を有している事が排卵と妊娠に向けての最低条件となるため、原始卵胞の存在を確める必要が生じる事があります。
多くの場合はプレマリンやクロミッド等のホルモン剤、あるいは排卵誘発剤を使用して卵巣から卵胞を出現、排卵させることで原始卵胞の存在確認とします。
しかし、やがてホルモン剤での刺激で卵巣が疲弊して卵胞が現れなくなることで、医師は保有する原始卵胞を使い尽くしたと判断します。
それでもご本人が自身の卵子での妊娠を望む場合、卵子の存在を確実に確認するために外科的に卵巣を切除して、その卵巣サンプルに原始卵胞の存在を確認します。
この方法は医師が卵子が存在しないことを証明する最終手段の意味合いが強く、自身の卵子による妊娠を諦めさせる根拠となります。
時にはその切取したサンプル断面に卵子が認められることもありますが、既にその時点で多くの卵子が切り捨てられたものとなってしまうばかりか、卵巣を傷つけるものであるため、原始卵胞を有していた場合はそれまで以上に排卵と妊娠を難しくするものとなります。
最低限、自身の卵子で妊娠するために必要なのは原始卵胞の存在ですが、その原始卵胞の存在を確かめる目的で卵巣を傷つけて無駄に卵子を減らすことは避けるべきで、ただ、自身の卵巣に原始卵胞が残っていることを信じることが大切です。

卵子の存在に限らず、すべては自身の持つ治癒力を信じることから始まります。
治療とはご本人の持つ治癒力を引き出して助け、高めることに尽きるからです。
どうぞ、arisaさんが願いを成就されますように。

お会いできる日を楽しみにしています。

RE: ** 卵子の存在を信じることとは **
2008/10/06 (月) 21:48
米田先生こんばんは。
お忙しいところ連日のご連絡いただきありがとうございます。

体のことは母以外に相談できず、孤独ですが、先生からご連絡いただけたり、HPをみると気持ちが休まります。ありがとうございます。
原始卵胞に関してですが、原始卵胞がないといった医師の大学病院で、その存在を確認するために腹腔鏡検査を勧められました。

しかし、そこまでする必要があるのか?
また、あらためて最終判断を下されるのが怖くてお断りしました。
そこで今期から(今日で生理1日目)ホルモン剤をやめ、卵胞が育つか見てみることとなりました。
ただ、その医師によれば「育つことはないだろう」と言われましたが・・・。
そこで育たなくても、卵巣が活動を一時的に停止したためということでしょうか?

先生が私の原子卵胞があると判断してくれ、自分も信じると昨日申し上げたばかりなのに、医師の言葉を思い出すと、なかったらどうしよう、、と弱気になります。
いけませんね。
ところで、ご訪院させていただく日にちですが、10月25日(土)または11月1日(土)の午後13:30はいかがでしょうか?
またお忙しいところ恐れ入りますが、いくつか質問をさせてください。

① 大学病院ではなく、いままで通っていた婦人科の医師は「排卵誘発剤の使用は無駄に卵を消費する」という考えをお持ちで、今まで一度も誘発剤は使っていません。
ただ、プレマリンとソフィアAというホルモン剤で生理を起こすという治療でしたが、これでも卵巣は疲弊するのでしょうか?
もし、疲弊するとすればそれはどうしてでしょうか?
② 訪問させていただくまでに、自身でできることはありますか?

コップ半分の水を1時間に一度とるように、と体験例で指導されているのを見ました。
お時間のある時で結構ですので、ご回答いただければ幸いです。

どうぞよろしくお願いいたします。
今日の東京はかなり肌寒かったです。

それなのに七分袖で出社し大失敗でした。。。
静岡は東京よりは暖かいのでしょうか?
どうぞ、風邪などひかれませんよう。
では失礼いたします。

** 昨日の東京は寒かったようですね **
2008/10/07 (火) 11:28
 こんにちは、arisaさん。

遠赤療導院の米田です。
ご連絡をありがとうございます。
昨日の東京は寒かったようですね。

昨日につづき、今日も静岡は暖かく過ごしやすい一日でした。
気候に恵まれていることを感謝しています。
寒くなる折、ご自愛されて過ごされるようにと思います。
大学病院で原始卵胞の存在を確認するために腹腔鏡検査を勧められましたようでしたが、お断りしたとのことです。

腹腔鏡検査は卵巣の一部分を切除してサンプルを得るためのものと思います。
もし、卵胞を有していた場合は卵胞を切り捨てて、卵巣を傷つけるものとなっていたのではと思います。
検査を受けなかったことは大変に良い判断をされたと嬉しく思っています。
いただいた、いくつかのご質問にお答えします。

① 大学病院ではなく、いままで通っていた婦人科の医師は「排卵誘発剤の使用は無駄に卵を消費する」という考えをお持ちで、今まで一度も誘発剤は使っていません。
ただ、プレマリンとソフィアAというホルモン剤で生理を起こすという治療ですが、これでも卵巣は疲弊するのでしょうか?
もし、疲弊するとすればそれはどうしてでしょうか?
答えはYESです。

プレマリンはクロミッドほどはありませんが卵胞ホルモンです。
このお薬を使用することで卵巣は刺激されて活動することとなり卵胞を放出させて排卵にまで至らしめます。
しかし、それまで卵巣が活動していなかった理由は卵巣が働く条件となる身体的環境が整っていないためです。
つまり、身体的条件が整っていないまま卵巣を働かせることは卵巣を疲弊させるものとなります。
また、ソフィアAは卵胞ホルモンと黄体ホルモンの複合剤で、ホルモンバランスを排卵後の状態とするものです。
そのため生理を誘発する作用がありますが、同時に卵巣の働きを抑制する作用となります。
そのため長期にわたる、これらホルモン剤の使用はホルモン剤への感応性だけではなく、自身のホルモンへの卵巣の反応を低下させてしまうものとなります。
このことについてはHPの「生理の異常」のページを参考としてください。
幸いなのは誘発剤ほどのダメージを卵巣に与えないことです。
そのため私は回復できるものと考えています。
② 訪問させていただくまでに、自身でできることはありますか?

コップ半分の水を1時間に一度とるように、と体験例で指導されているのを見ました。
ご来院までにご自身で改善に向けてできることは多くあります。

お身体を冷やさぬようにすることと、お水を飲むこともその1つですが、普段から感じている疲労や身体的な症状をなくするようにしてください。
具体的に言いますと、疲労を感じた時は許される限りにおいて、無理をしないでお身体を休めて休養をとるようにすることです。
少しでもご来院前に改善への基礎づくりとなれば幸いに思います。
ご来院を希望される日の予約の空き状況をお知らせします。

10月25日(土)と11月1日(土)はいずれの日も13時30分が空いています
ご都合の良い日をお知らせください。
どうぞ、ご自身のお身体を信じて願う日を早くに迎えられますように。

RE: ** 昨日の東京は寒かったようですね **
2008/10/07 (火) 21:06
米田先生こんにちは。
ご回答いただきありがとうございました。

やはり排卵誘発剤でないホルモン剤であっても卵巣によくないのですね。
本当に長い間飲み続けています。
はやく自分本来の体を取り戻したいです。
希望日ですが、25日(土)の13時30分でお願いいたします。
今日は会社の送別会でした。

だいぶ疲れたので、先生のアドバイスどうり、今日は早く寝て体を休めます。
連日、私のメールに付き合っていただき、ありがとうございました。
お会いできる日を楽しみにしています。

** 10月25日(土)ご予約**
2008/10/08 (水) 12:00
 こんにちは、arisaさん。

ご予約をありがとうございます。
10月25日(土)、13時30分のご予約をお受けしました。
当院までの交通アクセスや道順などで不明な事がありましたらご連絡ください。
きっとお身体は改善できるものと考えています。

どうぞ、ご来院までのあいだ、ご自愛されてお過ごしください。

RE: ** 10月25日(土)ご予約**
2008/10/14 (火) 18:51
米田先生、こんにちは。
今月の25日に予約をさせていただきましたが、

実は、今週土曜日(18日)の予定が空いたので、もし予約が埋まっていなければ変更できないかと思いメール致しました。
いかがでしょうか?
時間は電車の関係上13:30以降を希望しています。
お忙しいところ恐れ入りますが返信をよろしくお願いいたします。
また、9日に現在通っている婦人科に検診に行きました。

今後は3ヶ月カウフマンをお休みして卵胞が育っているかを定期的に確認、そして血液検査をするとのことでした。
その際、1年半前の血液検査結果を教えてもらったところカウフマンを3ヶ月休んで、薬を飲み始める前の数値はFSH:90、E2:73とのことでした。

これはまだ卵巣が働らこうとしていて、原子卵胞があるとのことでしょうか?
病院の先生には怖くて聞けませんでした。
でも、自分にとってはプラスかな?と思ったりもしています。
念のためご報告させていただきました。

では、失礼いたします。

** 10月18日(土)は予約満了です**
2008/10/15 (水) 20:39
 こんにちは、arisaさん。
ご連絡をありがとうございます。

10月18日(土)はすでに予約枠が空いていないため、申しわけありません。
FSHについてですが、中枢神経(脳)から卵巣を起動する指令を受けた脳下垂体が卵巣を働かせるために放出するホルモンがFSH(卵胞刺激ホルモン)です。

FSHが高くなるということは、脳が下垂体を介して卵巣を働かせようとしている様子そのものです。
当然ですが、卵巣に原始卵胞がなければ脳下垂体が卵巣を働かせようとするはずがありません。
そのため、原始卵胞があるものと思っています。
問題となるのは、刺激に対して反応しない卵巣となりますが、これも卵巣自体に問題があるのではなく、卵巣が働ける身体的条件である健康へと整っていないだけのことです。
当院へ来られるのは、卵巣が働けるお身体へと整えるためです。
どうぞ、ご安心ください。

お会いできることを楽しみにしています。

RE: ** 10月18日(土)は予約満了です**
2008/10/16 (木) 18:42
米田先生、こんにちは。
18日は予約がいっぱいなのですね。

予定どうり25日(土)に伺わせていただきます。
わたしも、先生にお会いする日を楽しみにしております。

質問攻めにしてしまうかもしれませんが(笑)
どうぞ、よろしくお願いいたします。

** 25日の受診に際して **
2008/10/21 (火) 18:54
米田先生、こんにちは。
お世話になっております。

25日の受診に際して質問があり、メールさせていただきました。
お忙しいところ恐れ入りますが、お時間のある際にご回答をお願いいたします。
① 当日は持参するものはありますか?

② コスモパックを購入したいと思っています。クレジットカードは使えますか?
③ 自分自身、体の不調を感じることがないのですが、自覚症状がなくても経穴を測定すると自分では分からない不調が発見されることがあるのでしょうか?
お会いする前から何度も質問してしまい申し訳ありません。

先が思いやられますね。。
当日は在来線を乗り継いで、西焼津まで行く予定です。
一人旅はしたことないので不安も少しありますが、楽しみなほうが大きいです。
卵巣が働かない原因が判明して、自発生理、そして妊娠できる体になることを願って、西焼津まで行きたいと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。

** 当日のこと。遠赤療導院 **
2008/10/22 (水) 19:18
 こんにちは、arisaさん。

ご連絡をありがとうございます。
いただいたいくつかのご質問にお答えします。
当日、ご用意ご持参いただくものは有りませんのでお身軽にお出かけください。

当院でコスモパックCLのご購入を予定されているとのことでありがとうございます。
その際のお支払いについてですが、当院ではカードの取り扱いをしていませんので現金となります。
初検を受けていただくと、五臓六腑の働きがすべて明らかになります。
乱れがある場合は自覚症状に限らず、潜在している無自覚の症状も推察されます。
「在来線を乗り継いで一人旅」とありますように、東京から静岡県の西焼津駅までのプチ旅行を楽しまれながら、お気をつけていらしてください。

西焼津駅からの道順などで不明な事がありましたらお電話ください。
遠赤療導院 054-620-1185 または090-123*-****(携帯)

10月25日(土)受診
ご来院されて初検を受けられた結果、
それまでのお身体の不良の原因が何であったかをご理解いただきました。

また、施療結果から改善と回復に向ける事が可能であることも確認されました。
卵巣機能の回復に向けて、引き続きご自宅で継続的な改善をしていただくために、コスモパックCLをお求めになり、希望を胸に安心されてお帰りになりました。

** 先日はありがとうございました **
2008/10/28 (火) 19:57
米田先生、こんにちは
先日はありがとうございました。

先週の土曜日に治療を受けたarisaです。
原子卵胞があると分かったことで一安心しました。
次は、排卵⇒自発生理を楽しみに過ごしたいと思います。
治療を受けて感じたことですが、治療を受けた日と次の日はかなり眠く、頭もモヤモヤ痛いような~という感じでした。

それから先生が仰っていたとうり、肩コリが発生しました。
ついでに背中にまで。首も重い感じです。そして耳つぼを入れたところが痛い!
でもこれが言われた好転反応なら、うれしいことですよね!
明後日は病院で卵胞チェックと血液検査ですが、基礎体温が低温のままなので期待せずに行ってきます。
またご連絡いたします。それでは失礼いたします。

** 低温期で良いのです **
2008/10/29 (水) 10:28
こんにちは、arisaさん。

遠く静岡までお出かけいただき、ありがとうございました。
初検での結果は大変に良い内容でした。

そのため排卵がそして生理は起こるだろうか?ではなく、いつ起こるかの状態です。
是非、お身体を大切にされて、出来るだけ早い回復があることを願っています。
さて、ご来院いただいた当日から早くも様々な好転反応が現れているようです。

耳ツボも痛いなど、これは今後の回復が早くに得られることを示唆するものです。
現状において低温期のままで、明日は病院へ行く予定のため心配されているようです。
高温期は卵巣が活動して排卵に達したことで黄体ホルモンが放出されて起こるもので、妊娠または生理に向けて子宮の活動に必要な状態です。
しかし、そのような高温期となるには黄体ホルモンを放出する卵胞を育てる卵巣の働きがなければなりません。
当然、低温期とは卵巣活動に必要な環境であり、卵巣が働くために必要な状態が維持されていますので安心していてください。
何かありましたら、ご連絡ください。

どうぞ、快適な毎日を楽しく過ごされますように。

** おりものに関して **
2008/11/04 (火) 19:54
米田先生、こんにちは。
先日、病院に行って卵胞のチェックをする予定でした。

しかし、医師から「痛いから無理してやらなくていいし、前回のホルモン値だとおそらく育っていない」と言われましたので取りやめになりました。。。
次回は希望があればするとのこと。
念のため血液検査は行ったので、次回結果を聞いていきます。
さて、本日は心配なことがありメールしました。おりもののことです。

ホルモン剤をやめてから、おりもののようなものは少ないながらも毎日出ていました。
先生の所に行った次の日が特に多かったです。耳つぼパワー(笑)
しかし、3日くらい前からすごく少なくなり、今日は全く出ませんでした。
以前、ホルモン剤をやめたときも同じようなことがあり、その時は結局3ヶ月たっても生理は発生しませんでした。
そのため、今回もまたダメかも…と不安に思っています。
先生、この状態は卵巣がまだ動き出していないからでしょうか?
そのうちおりものが出るようになるのでしょうか?
それから前回のメールで、「生理は起こるだろうか?でなく、いつ起こるかの状態」とありました。

予測するのは難しいと思いますが、もし生理が起こる時期の目安があるとすれば、教えていただけますでしょうか?
今日で、前回のホルモン剤による生理から31日目ですが、体に生理が起こる予兆がなく少し焦っています。

10年も自発生理がなかったのですし、遠赤外線療法も始めたばかりなので、そんなにすぐには来るはずないと分かっていたつもりなんですが。
もう少しゆったり構えて、必ずくると信じていたほうがいいですよね!
お忙しいところ恐れ入りますが、上記質問のご回答をいただければ幸いです。

どうぞよろしくお願いいたします。

** 大丈夫です **
2008/11/05 (水) 16:32
 こんにちは、arisaさん。
ホルモン剤を中止してからも少しずつオリモノがあり、耳ツボの翌日をピークにその後も続いてあったようです。

しかし、3日前(11/2?)から量が減り、今日に至ってはまったく無くなったようです。
以前にもホルモン剤を中止した時に同じ事があったためご心配されているわけですが、今回の場合は状況がちがうため心配は要りません。
何故なら、コスモパックCLでの遠赤外線療法を行っているからです。
また、オリモノは卵巣の活動にともなって生じるもので多い日少ない日、時にはない日もあって常にあるものではありません。
実は「オリモノがあった」そのこと自体が朗報でした。
何故なら、卵巣が働いている様子が現わされたからです。
先日お話しましたように、「生理は起こるか?では無く、いつ起こるか?」であることは間違いありません。

生理が起こる時期を明確に予測することは避けますが、卵巣が回復するために要する期間として通常は3ヶ月はかかると考えていますので、しばらくはご辛抱ください。
卵巣が活動して排卵があり、その際に妊娠しなかった結果として生理が起こります。
日々、ひたすら肝腎を助けて、より多く卵巣の働きを整える以外に道はありません。
既にオリモノがあったことから、それは始まっています。
無用な心配は体調を崩す元となり願う日を遠ざけてしまいます。
大丈夫です。今もお身体は良くなるためにだけ働いています。

是非、そのお身体をいたわってお過ごしください。
どうぞ、安心されて快適な毎日を過ごされ、早い改善がありますように。

RE: ** 大丈夫です**
2008/11/05 (水) 22:09
米田先生、ご連絡いただきありがとうございます。
オリモノの量は日によってまちまちなのですね。安心しました。

それに、以前と違い遠赤外線療法をしているし!
私はどうもせっかちなところがあるので、少し焦ってしまいましたが、まずは3ヶ月、自発生理は来ると信じて、心配せずに腰とおなかを温めます。
検査結果については今回のメール、そして米田先生のところに伺った際に、気にしなくていいと仰っていたので、そのつもりでいます!

お忙しいところありがとうございました。
また、心配事や疑問点ありましたらメールさせてください。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

** オリモノ・その2 **
2008/11/13 (木) 23:09
先生こんにちは。
また質問させていただきたく、メールしました。

前回オリモノがない!と騒いでいたのですが、メールのやり取りの次の日あたりからまたオリモノがあり、だんだん多くなりました。
一安心です。
そして11日から、うっすら茶色いオリモノがつづき、今日は下腹部が少し痛いような気がしていたら、茶色のオリモノでした。
量は多め。この状態はどういうことなのでしょう?

卵巣が動き出しているのかな~と思いうれしい気持ちでいるのですが、先生はどのように思われますか?
お忙しいところ何度もすみません。

よろしくお願いいたします

** 大変に良いことです **
2008/11/14 (金) 15:32
こんにちは、arisaさん。
とても良いお知らせをありがとうございます。
卵巣の回復状況に合わせて子宮も活動が始まっています。

特に茶色のオリモノは生理前の少出血に卵巣活動による白オリが混ざったもので、生理前に多く生じることがあります。
また同時に卵巣が活動している様子でもありますので、排卵もあると思いますので心配しないで経緯を見守っていてください。
お身体の改善と回復が更に多くありますように。

** 不正出血?生理? **
2008/11/18 (火) 19:44
米田先生こんにちは、arisaです。
今日はびっくりなお知らせです。

昨日(17日)から出血しています!!
これは自発生理とはちがうものでしょうか?
量は多くもないのですが、少なくもない状態で・・・ホルモン剤による経血のどろっとした感じはあまりないです。

そして、生理痛らしきものは全く感じません。
ただ、この出血が生理でも排卵でも、どちらにしてもすごくうれしいことです!!
安心したのと同時に、女性としての自信?みたいなものが出てきた気がします。
遠赤外線の力を信じて、もっと良くなるように続けていきます。
それから木曜日に病院へ行くのですが、医師のびっくりする顔が楽しみです(笑)
最後に少し気になることがあるのですが、今回の出血に関して、ホルモン治療を1年半という長期にわたって行った結果、その名残りのような感じで発生したということもあるのでしょうか?

私自身は排卵に伴う出血、もしくは自発生理のどちらかだと思っているのですが、、、
すこし気になってしまったので、、、お時間のある際に教えていただければと思います。
どうぞよろしくお願いします。

** 自発生理の可能性、大です **
2008/11/19 (水) 13:24
 こんにちは、arisaさん。

17日から出血が続いているようです。
今日も続いているのであれば、これは自発生理である可能性がとても大きいです。
これが生理で体調が良いままであれば当然、卵巣が次の排卵に向けて活動を開始しているものと思います。
次回の排卵まで多少の時間がかかっても必ず、排卵へと至りますのでご安心ください。
ホルモン剤の残留などによる影響については、それまでに使用したホルモン剤は10/2からの人工生理で作用したことから、ほぼ消失していますので影響はありません。
病院での医師の反応はとても楽しみですが、その判断と対応については不明で、状況に便乗してお薬(ホルモン剤)を処方しようとするかもしれません。
そのような場合はお薬は拒否して今の治癒力を妨げないようにしてください。
これからもご自身の治癒力を信じて今後も更なる改善を続け、将来の妊娠に向けて周期的に排卵と生理が起こるお身体となってください。

寒くなりましたので、これからもお身体を冷やさぬように気をつけていてください。
どうぞ、健康で快適な毎日を過ごされますように。
また、何かありましたらご連絡ください。

RE: ** 自発生理の可能性、大です **
2008/11/20 (木) 16:37
米田先生

いつもお世話になっております。arisaです。
お忙しいところご返信いただきありがとうございました。
自発生理の可能性が大!というご判断をいただき、とてもうれしく安心しました。

その後の生理ですが19日(3日目)、20日(4日目)と量は少ないですが続いています。
そして本日、前回の血液検査(人工生理4日目に計測)の結果を聞きに病院へ行きました。
結果は、FSH44、LH25でしたが、E2が65ありました。
またしても医師からは、ホルモン値が40才代だと。。少し落ち込みはしました。
が、米田先生が言っていたように、このまま卵巣が回復していけば、きっとFSH・LHは下がる、と信じてコスモパックをつづけます!
10以下だったE2が上がったことはうれしかったですし。
それから、生理が来たことを告げると、低温期の続いている基礎体温を見てから、

「これは無排卵。来月も生理が来る保証はない」とのことでした。
そしてホルモン剤は飲まず様子を見ようということになりました。
医師はいろいろ言いますが、私は来月にでも排卵があって、そして生理がくるように、遠赤外線療法を頑張りますね。
静岡も今日あたりから寒くなったのでしょうか?

先生もお体にお気をつけください。
では、来月13日にお伺いする際はよろしくお願いいたします。

** 遠赤療導院 **
2008/11/21 (金) 13:26
こんにちは、arisaさん。

おめでとうございます。
大変に立派な!生理です。
そして、とても幸いと思ったのは、引き続きお薬を使用しないで済むことです。

またE2(卵胞ホルモン)が65(卵巣が確実に働いている!)もあったことです。
確実に卵巣が復活を果たしています。
さて、医師が基礎体温表を見て、低温期が続いていることから「無排卵」と言いますが、説明が充分ではありません。

排卵とは卵巣が活動して育卵され成熟するに従って卵胞がはじけて卵子が放出されることですが、排卵後の卵胞から黄体ホルモンが放出されることで高温期が形成され、その際に妊娠していないことで内膜が剥離して出血が起こって、それを生理といいます。
出血の際に子宮の異常(筋腫、ガン、内膜症等)が無ければ生理以外の出血は有り得ません。

そのため今回の生理は卵巣がしっかりと機能して働いた事で起こったものであることは間違いありません。
低温期のまま生理が来た理由は排卵後も卵巣活動が続いて高温期を消しているためではないかと思います。

基礎体温については卵巣活動が整い数回の自発生理を繰り返すことで整って行くものであって、基礎体温が先に整うことなどありません。
また、「来月も生理が来る保証などない」とまで言っていますが、それはまったく意味のない発言です。
毎月、生理が起こることを保証されている女性などいないからです。
誰の場合においても同様で、体調を崩す事があればその分だけ遅れるだけの話です。
arisaさんの場合においても、これまで通りに療法を続けることで確実に安定した排卵が起こり妊娠しなかった結果としての生理は順調に来ます。
FSHについては気にすることはありません。

最近の一つの例を下に転載しますので、参考としてください。
この方は閉経を宣言された後、ホルモン剤を止めて遠赤外線療法を行い自発生理が起こるようになった方からいただいたメール内容です。

生理3日目にの昨日、以前に通っていた病院へ行ってきました。
血液検査と内診をしました。
血液検査はいつもと同様でFSHは70ありました。。。
が、!! 8.5ミリの卵胞が、ひとつ出来ていました!!ヽ(^。^)ノ
卵胞が出来ていたことがとても嬉しかったです!!
3日目で8.5ミリは大きく、医師は「FSHが高いから卵胞の成長が早いのでしょう」とのことでした。
次は25日にまた内診して、更に大きくなっていれば採卵の予定です。」

RE: ** 遠赤療導院 ** 2008/11/21 (金) 23:34
米田先生こんばんは。
改めて立派な生理と言っていただけて、すごくうれしいです!

10年ぶりの自発生理!記録更新でしょうか(笑)
初めは驚きで、生理が来ているにもかかわらず、自発生理が発生したという実感が湧きませんでした。
しかし、先生からのメールを読んで、あぁ、本当にきたんだなぁと感じています。
ホルモン剤を投与しても何も変わらなかったのに、耳つぼそして遠赤外線療法を受けてみて本当によかったです。

そして、自己治癒力ってすごいんだなーと感心しています。
それから、基礎体温のことFSHのこと、ご説明いただきありがとうございます。

これまでFSHが高いと卵胞は育たないといわれていたので、参考例にはとても励まされました!
私も後に続けるように、遠赤外線療法を続けます!
先生、何回も相談にのっていただき本当にありがとうございます!

それでは失礼いたします。

**これからも自身を信じて**
2008/11/25 (火) 16:55
 こんにちは、arisaさん。
真に、10年ぶりの自発生理は記録更新です!

どうぞ、これからもご自身の持つ治癒力を信じて、コスモパックCLやお水、そして食事などでお身体を助けながら健康で快適な毎日を楽しく過ごされますように。
そして「妊娠出産するまで毎月、生理が来てしまう!」お身体となってください。
** お願い **

同様の悩みを持つ女性の方々の改善への参考としていただけるようにarisaさんの貴重な体験をHPの症例に加えることができればと願っています。
掲載時のスタイルとしては、これまでのメールの交信内容を編集(個人を特定するものを削除変更)したものを、と考えています。
もし、ご了承いただければ編集をはじめたいと思います。
後日、編集が済み次第その内容をメールでお送りしますので、ご検証いただいてご希望があれば変更や削除を行い掲載させていただきたいと思います。
是非、arisaさんの歓びをもっと多くの人たちに分けてあげられますように願っています。
まずは掲載に向けて編集を開始するご了承をお願いします。

RE: **これからも自身を信じて**
2008/11/26 (水) 19:18
米田先生、こんにちは。arisaです。
来月も生理が来るように、毎日コスモパックを続けています!

生理が来てしまう身体、目標にしますね!
私の体験に関しては掲載していただいて大丈夫です。

落ち込んだときには体験談を読んで、自発生理がくるようになるぞ!と自分を勇気づけていましたので、今度は私がお役にたてれば幸いです。
次回お伺いする際には、更にいい報告をさせていただきたいです。

よろしくお願いいたします。

** 掲載の件、ありがとうございます **
2008/11/27 (木) 11:55
 こんにちは、arisaさん。

HPへの掲載に向けて、ご了承をありがとうございました。
arisaさんは自発生理が起こったことで、すでに早発閉経などではありません。
かつて無生理状態が続き早発閉経と診断されたarisaさんが身をもって示した自発生理の発生は、きっと早発閉経の悩みや苦しみを持つ多くの女性を救う、手の届く現実の希望になるものと思います。
編集を終えましたら、メールでお送りしますのでしばらくお待ちください。
どうぞ女性の誇りを持って、健康で快適な毎日を楽しく過ごされますように。


PAGE TOP