1. HOME
  2. 不妊~閉経の改善例
  3. 7年ぶりの自発生理

不妊~閉経の改善例一覧

7年ぶりの自発生理

miko様(仮名、27歳、愛知県)より手記をいただきました。 

初潮以来の年数回の生理不順が続き、就職をした20歳頃からは無生理となりカウフマン療法を6年続けました。
しかし、その間に自発生理が起こることはなく、やがて高温期が現れなくなってしまいました。

早発閉経とは診断されてはいませんが、とても不安な日々を過ごしました。
そのような時に遠赤療導院のHPを見つけて2007年7月に受診しました。
その日からはホルモン剤をすべて中止して1~2ヶ月に1回ほどの通院をしながら、自発生理が起こることを信じて自宅で遠赤外線療法を行いました。
変化のない身体のこと、将来のことなどで不安になることも多くあって、先生にメールをしては励まして貰いながら続けました。
遠赤外線療法と耳ツボをはじめてから1年2ヶ月となった2008年9月13日、先生に耳ツボを入れてもらった翌日に貧血みたいな感じで血の気が引いていくような時があり、17日からおりものが沢山きていました。
これはもしかして・・・?!と、思っていたら、本当にやってきました!!
7年ぶりの自発生理!!!
薬で起こしていた生理の時よりも、生理痛があります。
薬で起こしていた時は、おりものや生理痛は全くありませんでした。
これこそ、天然の生理ですね。とっても嬉しいです!!
これからも自分の体を信じて遠赤外線療法を続けて、来月も生理が起こるようにします。

*その後も引き続き順調に生理が起きていることをご報告いただいています。


PAGE TOP