1. HOME
  2. 早発閉経 POFの改善例

早発閉経 POFの改善例一覧

無生理 早発閉経 POF

N・K様(31歳) 静岡県
1999年9月の生理以降、無生理となり婦人科にて治療を受けるが、改善せず早発閉経と診断。
2002年5月16日、遠赤療導院へ。月1回の通院と自宅にて遠赤外線療法を開始。
開始3ヵ月目の7/10より生理様の不整出血(14日間)が発生。
8/22~生理様の不整出血(17日間)、9/25より同じく生理様の不整出血(14日間)。
不整出血がおさまった2日後の10/10~自発生理(5日間)が発生。
翌月も引き続き順調に11/8自発生理

N・C 様 (31歳)静岡県
初妊娠で早期流産した後に生理不順となり、ホルモン剤と排卵促進剤により2度妊娠したが、ともに流産。
以降も治療を継続したが、卵巣機能が低下して早発閉経と診断。
2004.10.02、遠赤療導院を受診、ホルモン剤を中止して通院開始。
11/14、12/13、1/5と続けて生理様の不整出血あり、2/3に通常の自発生理が発生。
3/18に不整出血(3日間)、4/12と5/23に通常の生理があり妊娠に向けて継続。

M・K 様 (31歳) 静岡県
生理不順が続いた後に3か月間の無生理となり婦人科を受診。
早発閉経と診断されホルモン治療を開始したが、改善せず。
2005年5月、遠赤療導院を受診、ホルモン剤を中止する。
通院開始8ヶ月後、自発生理が発生。

S・M様 (31歳) 東京都
2001年1月から突然に無生理となり病院にて治療を受けるが、早発閉経と診断が下される。
2006.03.09 遠赤療導院を受診し2週間に一度の通院と自宅での遠赤療法を開始。
2006.10.02 自発生理。


生理不順 自然妊娠 出産

S・K子様(32歳) 静岡県
結婚後5年目、未妊娠のため婦人科への通院を開始。
後に抗精子抗体による不妊と判明。
病院での治療を中止して、自宅にて遠赤外線療法を開始。
1年半ほどで自然妊娠し無事に出産。

K・Y子様(29歳) 静岡県
卵巣機能低下・生理不順・子宮頸ガン
子宮頸ガンの手術前に来院したが、手術を優先してもらい2ヵ月後に遠赤療導院への通院を開始。
10ヶ月後、自然妊娠。無事出産

T・M子様(29歳) 静岡県
冷え性・生理痛・不妊。
自宅にて遠赤外線療法を開始して2年後に自然妊娠し無事に出産。

Y・H子様(33歳) 静岡県
結婚5年、婦人科での検査に問題は無く妊娠を望むが未妊娠。
自宅にて遠赤外線療法を開始して6ヶ月目、自然妊娠し無事に出産。

N・K様(32歳) 静岡県
2004の春に自然妊娠したが、早期流産のあと生理不順となる。
2005年6月27日に遠赤療導院を受診し、翌月より順調に生理が発生。
2005年10月に自然妊娠し無事に出産。

M・T 様(30歳) 静岡県
結婚4年目、不妊のため受診した婦人科で不妊専門の病院へ紹介され3年通院。
その間、ホルモン療法を続けるが妊娠できず。
友人の紹介で2006/09/01より遠赤療導院へ受診し、以降はホルモン剤を中止して通院。
翌月の9/21に自然妊娠し、2007.05.16に女児を無事にご出産。
2008.08.19、二人目の妊娠と出産を希望して来院し自宅で遠赤療法を開始。
2009.04.30、生理予定日より1週間が過ぎ、再診で良好な状態を確認。
2009.05.22、妊娠8週の報告。
2009.12.17、女児出産の連絡を受ける。


PAGE TOP