1. HOME
  2. 早発閉経 POFの改善例

早発閉経 POFの改善例一覧

早発閉経 妊娠 出産⑧

 M・M様(38歳) 滋賀県
不育症、卵巣機能低下、ふたりめ不妊
2005年6月に懐妊、7週で流産。
2005年10月に再度妊娠し、翌年6月に帝王切開にて男児出産。
2008年春頃より経血の減少が始まり心配したが、2008年8月に妊娠。しかし、10月に流産。
2009年10月、産婦人科を受診した際にFSHの上昇と卵巣の委縮があり、左の卵巣はほとんど見えないと言われる。
その後、あらためて検査を行った結果、早発閉経に向かっていて、妊娠は非常に厳しいと診断される。
以降も妊娠に向けて努力したが妊娠に至らず。
母親も30代後半から生理が不良となり、40歳頃に無生理になり早発閉経だったことから自分も遺伝と考えたが、ホルモン剤を飲み続けていく現実が辛く、2人目の妊娠を望む思いが強くあり、改善方法を探して遠赤療導院を見つける。
2010.06.04に遠赤療導院を受診。
経絡測定を行った結果、卵巣機能の不良原因は自身の健康を保持する身体全体としての働きが不足していることで卵巣本来の働きが発揮されないことが示され、卵巣本体に問題はないことが判明。
その後、自宅でコスモパックを使用しながら、1ヶ月に1回の通院を開始して数か月で経血量が回復して通常になる。
2011.05.10に妊娠報告(自然妊娠)
2012.12.13、出産報告(女児)

 N・A 様(29歳) 静岡県
流産以降の無生理
2012.9月に妊娠したが、11月に流産となり無生理となる。
友人の紹介で2013.01.05に遠赤療導院を受診して施術を受け5日後の1/10から生理(5日間)。
以降は週に3~4回の通院を開始し、翌月2/28に妊娠が判明し10月に男児を出産。
2017.01.22に二人目を希望して再受診し通院中。

 S・M 様(36歳) 神奈川県
卵巣機能低下、経血減少、生理不順
妊娠を望みながら3年となり、生理周期が短くなるとともに経血の減少も起こる。
相談した漢方薬局で処方された漢方を開始するが、火照りや口渇が出てきて酷い不眠症になる。
別の漢方薬局に変更してからは火照りと不眠症は治り、生理周期がまだ短い時も有るが、ほぼ正常になる。
2013.03.02に更なる改善と妊娠に向けて遠赤療導院を受診。
同月3/27に妊娠、4/12心拍を確認。

 M・N様(36歳) 東京都
流産~無生理~妊娠
2010年の初めに流産して以来、無生理となりプラノバールで生理の誘発を繰り返す。
妊娠を望み、2010年8月に遠赤療導院を受診し、コスモパックによる自宅療法を開始。
2010年10月に自発生理が起り、その後も不順ながら生理が起るようになる。
2013年6月に自然妊娠の報告。


早発閉経 妊娠 出産⑦

 Y・K様(31歳) 静岡県
生理は順調、原因不明の不妊
30歳で結婚、早くに子供が欲しく県内で評判の良い不妊外来に自然妊娠を望んで受診。
各種検査に異常がなく通院を始める。

半年ほど通院したが、妊娠に至らず医師から体外受精を勧められ病院での治療を中断。
自然妊娠した友人から遠赤療導院を紹介され、2011.11.17に受診。
不妊原因となる様々な体調不良を指摘され、改善と回復に向けて通院を開始する。
自宅でコスモパック遠赤療導院仕様を使用法に従い使用。
1か月後、体調が良好となり自宅での遠赤外線療法に専念する。
2012.10.30に妊娠3ヵ月の報告。

 Y・S様(34歳) 静岡県
生理不順、生理時の頭痛や腹痛、嘔吐
結婚から5年がたち自然妊娠を望んでいたが、婦人科を受診。
元々、生理不順と生理時の体調不良があり、ホルモン補充療法を始めたことで生理周期は整ったが、体調不良が更に酷くなり日常生活も辛くなったことで医師に相談して通院を中断。
ホルモン剤も中止したことで2ヶ月生理がなく心配になり、妊娠した友人に相談する。
遠赤療導院を紹介され2010.01.16に受診し、コスモパック遠赤療導院仕様を購入して通院を開始する。
翌月の2/26に生理があり、以降も順調に生理が発生し生理痛などが改善される。
2010年6月に妊娠したが、翌月、流産となる。生理は9月から再開し順調に回復する。
2012.11.28に妊娠報告(5週)があり、翌年7月に出産。

 U・S様(44歳) 愛知県
生理不順~無生理~早発閉経
30歳頃から生理が不順になり、33歳の頃には無生理になって婦人科を受診。
早発閉経と診断(FSH:90、E2:10以下)され治療を開始。

3年ほど排卵誘発剤などを使用して卵巣の反応を観察したが反応がなく、以降はホルモン剤で毎月の生理を起こす。
やがて大学病院へ転院して治療を行うが改善が得られずに改めて早発閉経と診断され、更年期予防としてホルモン剤で生理を起こす状態になる。
自然に生理が起ることを望みインターネットで遠赤療導院を知り2009.01.07に受診。
ホルモン剤をすべて中止して、通院を開始。

当初は2週間に1回の通院を4ヶ月程続けて体調が整ったことで1ヶ月に1回の通院へ変更。
通院開始6か月目に卵巣活動を示オリモノが時折、生じるようになる。
1年を過ぎた1/21に生理様出血が2日間あり、以降はオリモノが増加して4月に胸の張りなどホルモン増加の影響と思われる症状が現れる。
5~6月は変化なし。7月の後半に卵巣活動を示オリモノが増加して排卵の兆候もあったが生理には至らず、その後も生理のないまま一進一退を繰り返す。
無生理の状態が1年以上続いたことで2011.07.10にピルで生理(消退出血)をおこす。
10/6に生理(2日間)があり、その後も卵巣活動を示すオリモノの増加が断続的に発生する。
2012年の2/26自発生理(4日間)があり、その後も不順ながら4/12自発生理(3日間)、5/27自発生理(3日間)、7/17自発生理(5日間)、8/19自発生理(5日間)と続く。
8/28に婦人科の内診で卵胞が確認され卵巣機能の回復が確定し9/30に生理。
2012.12.01に妊娠3か月(当時44歳)の報告。


PAGE TOP